FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ノーベル平和賞の正体

 コーデル・ハルという人物はハル・ノートを提出したものである。(彼の近くにはコミンテルン=共産主義インターナショナルがいた。=ソ連スパイ)ABCD包囲網を提示した人物のコーデル・ハルはノーベル平和賞を受理している。



 ソ連のミハイル・ゴルバチョフは旧ソ連圏で殺戮などの業績を残しているにも関わらずノーベル平和賞を貰っている。他にも多くの悪事を働いてるにもかかわらずノーベル平和賞を授与している。

(引用:http://isohunt.com/torrents/?iht=-1&ihq=%E4%BE%8B%E5%A4%A...)
 (略)東西冷戦を終結に導いたことなどが評価され、1990年にノーベル平和賞を受賞したゴルバチョフ・ソ連共産党書記長の場合はそうではなかった。ゴルバチョフが同じ年にソ連軍を連邦構成共和国のアゼルバイジャンに侵攻させたことは余り知られていない。

射殺された息子は新婚間もなかった。墓参の父親は目頭を押さえた(カスピ海を見下ろすバクー市内の丘で、筆者撮影)
 強権で各共和国を締め上げていたソ連も末期はタガが緩み、各地で民族紛争が頻発していた。ソ連西南のアゼルバイジャン共和国は、ナゴルノカラバフ自治州の帰属をめぐってアルメニア共和国と紛争状態にあった。まだソ連は崩壊していないので、正確に言うと内戦ということになる。

 モスクワがアルメニアを支援したことから、アゼルバイジャンは劣勢となる。両民族が混住しているアゼルバイジャンでは、非戦闘員のアルメニア人とアゼルバイジャン人による殺傷沙汰が続いていた。非戦闘員であるのにもかかわらず民族間で殺り合うのは内戦下の常だ。

 90年1月、ソ連軍はアルメニア人保護を名目にアゼルバイジャンの首都バクーに侵攻した。無差別に発砲し、市民約200人が殺害されたとされる。現場を目撃していたバクー市民によれば、ソ連軍は手当たりしだいに射殺を繰り広げたという。惨劇は「黒い1月事件」と呼ばれ、歴史に刻まれている。

 カスピ海を見下ろす丘にはソ連軍によって殺された市民たちの墓地がある。数えようにも数えきれないほど墓が並んでいた。すべてが犠牲者の墓だ。墓石という墓石には元気な頃の写真が刷り込まれている。今にも飛び出してきそうなほどリアルだ。それが事件への憎しみを増幅させる。

 墓地には献花が絶えない。息子を殺されたという男性はカーネーションを供えた後、目頭を押さえた(写真)。「ゴルバの軍隊が発砲した」は、バクー市民に永遠に語り継がれることだろう。

 ノーベル平和賞を受賞したゴルバチョフの隠しようのない“業績”だ。「武力によって維持される平和」。扱い方を誤ると取り返しのつかない悲劇となる。(引用終わり)


 
 戦争をすればするほどノーベル平和賞はお礼として貰えるのではないのだろうか?


----------
 余談だが、オバマ大統領はイラクやアフガニスタンで戦争を続けているにもかかわらず核廃絶宣言によってノーベル平和賞を授与している。(アフガニスタンでは麻薬の畑を占拠している。ソース希望の方はコメントください)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。